Fxのトレードタイミングについて

Fxのトレードタイミングについて

Fxのトレードタイミングについて

fxのトレードでは、初心者、素人、中級者などはとにかくトレードのタイミング、
特に新規ポジションの立てるタイミングにとても興味があるようです。

 

これらのエントリータイミングについては、絶対的な正解はないのですが、
すくなくともそれぞれのトレードスタイルに適したトレードルールを作り、
その条件がそろったときに実行できる最低限度の準備が必要です。

 

 

そのためには、fx取引ツールはとても重要な役割がありますね。

 

 

 

また、こういうように準備をしっかりとしておくことでどこで
トレードを仕掛けたらよいか迷うこともないこともあります。

 

 

きっと、このように決めておくとトレードのスキルが上達もしやすいことでしょう。

 

 

個人投資家の多くは、その日のうちにトレードを完結させるデイトレードをすることが多いです。

 

そして、このトレードスタイルは、夜はポジションを決済するトレード手法なので、
安心して眠ることがでるのは大きな魅力ですね。

 

 

このトレード手法は、スキャルピングとスイングトレードの中間で、
テクニカル分析とその日の経済ニュースや相場動向といった
ファンダメンタルズも加味したトレードをする必要があります。

 

 

スキャルピングでは、完全テクニカルでファンダメンタルズがどうだから、
とか相場の状況は?

 

と判断する前に仕掛けていなければならないほど
瞬時の判断力と決断力を必要とします。

 

 

また、スイングトレードでは、じっくりと観察して状況判断をすることも
トレードの決断をすることもできますが、的確な情報収集力を必要とし、
この時点での客観性や整合性が

 

トレード成績の結果を左右していると言っても過言ではないでしょう。

 

 

デイトレードでは、少なくともその日のチャートの流れや
トレンドがざっくりとわかればいいです。

 

 

それに合わせて、その日に反応している節やトレンド、
抵抗線・指示線などのある程度近い過去チャートを分析し、
そのファンダメンタルズをトレードシナリオに練りこむ必要があります。

 

もし、その日のトレードの仕掛けが朝であれば、
前日の夜のニューヨークタイムのときの動きを参考にするのです。

 

 

その深夜に大きくトレンドを作っていたり、レンジが出来上がっていたり。

 

そういう動きに便乗してトレードをします。

 

 

 

また、大きな値動きやV字チャートがある場合は、
深夜に重要な経済発表や指標があった可能性もあるので
そういう点も調べておきましょう。そのときにどんな風に動いたのか。

 

 

というのは、翌日のチャートを占う上ではとても大切な要素です。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ